2020年3月29日日曜日

母国に寄付‼️

男子プロテニスプレイヤーのジョコビッチ選手夫妻が母国のセルビアに医療器具等の支援の為に100万ユーロ、約1億円を超える寄付を致しました。
またフェデラー選手夫妻も母国スイスの生活が困難な人に100万ユーロ、約1億円を超える寄付を致しました。フェデラーは膝の手術以来初めて、コロナに対してみんなで力をあわせて困難を乗り越えていけう。とコメントを発しています。
来年の五輪が開催されて是非、二人には来日してもらいたいです‼️

2020年3月24日火曜日

五輪延期ですね‼️

つい1週間前には完全な形で開催できる予定で準備をしている。というような報道がなされていましたが、新型コロナ感染性が世界的に流行して五輪開催はいよいよ難しい状況になってきましたね。

とくに代表選手の参加辞退、カナダ五輪連盟の延期要請、アメリカ🗽陸上連盟、水泳連盟等の延期要請等により国際五輪連盟はWHOの判断を仰ぐ前に延期に向けた形になってしまいました。

やはり背景にはアメリカの後押しがなくては五輪開催は難しい状況ですね。実際アフリカ大陸や南米大陸の感染が拡大している現状は五輪開催は難しいですね。
ヨーロッパからの参加見送りも今後増えてきますね。
あとは今年の秋に延期か来年に延期かという問題です‼️

いつまでに感染性が終息するかは不確定なので来年に延期が可能なら来年が良いと思います。が皆さんはいかがでしょうか?

企業等のスポンサー関係、アメリカの独占放映権等、簡単にはいかないと思いますが、日本のリーダーシップがある意味問われかもしれません。国際五輪連盟が最終判断となりますがいかに日本がしっかり主張できるかをアメリカを含め世界が注目していると思います。

2020年3月18日水曜日

東京五輪はどうかな?

現状では世界中にコロナの影響でイタリア、フランス、アメリカまでひろがり、遂にアフリカ、南米までひろがり世界160ヵ国以上で対応に終われていますね。海外からの入国制限をかけている国も88ヵ国に登っています。
東京五輪は限りなく開催が難しいと思うのは私だけではないと思います。
話しはかわり、女子ゴルフの世界ランキングで
畑野奈沙プロ 4位
渋野日向子プロ 12位
鈴木愛プロ 14位
と世界ランキング15位以内で3人が五輪に出場できる事になります。開催されれば3人による金メダル争いまたは金、銀、銅、の表彰台独占なんてことも夢ではありませんね。

女子卓球
女子バドミントン
女子ソフトボール等
金メダル候補は女子に多くありますが、これが1年後だとどうなるのかわかりませんね。

テニスの話題ですと、全仏オープンの延期がささやかれていますね。
無観客ではウィンブルドンも中止の検討をしているとか?

1日でも、1週間でも、1ヵ月でも、早い終息を願い自分たちに今できる事をやるしかないですね。
手洗い、うがい、みんなで頑張っていきましょう。😊

2020年3月9日月曜日

フェデラーの現状‼️

スイス🇨🇭のロジャーフェデラーは現在、ツアーを離脱しています。理由は全豪オープンで膝を負傷して手術をおこなっていました。
復活は6月の芝のシーズンからの予定だといいます。

東京五輪もあるので無理はしないでほしいですね。是非とも東京五輪には来て盛り上げてほしい。五輪でフェデラー、ナダル、ジョコビッチが揃って出場できるのが今回が最後だと思います。

ウィンブルドンの前から復活の予定だと思いますが、芝のコートは膝には負担をかけてしまうので無理をしないでほしいと思います。

スイス🇨🇭の硬貨にもなったフェデラーがどこまで現役で見られるか、フェデラーこそ本当に伝説のプレーヤーです‼️

東京五輪に出場できたなら会場に行けないとしてもテレビでも自分の脳裏にしっかりと焼き付けておきたいと思います。
みんなで応援しましょうね。😉

デ杯日本開催‼️

金曜日から関西のビーンズドームで男子の国別対抗戦デビスカップが開催されました。
相手は中南米のエクアドルです。決して強い国ではありません。
結果は日本0-3エクアドルのストレート負けでした。
日本代表は
ナンバー1で添田選手
ナンバー2で内山選手
ダブルスで内山、マクラクラン組
ベストなメンバーではないが、せめて最終日まではもつれてほしかったですね。
錦織選手は応援で頑張っていましたが、本来なら
ナンバー1錦織選手
ナンバー2西岡選手
ならシングルスの3勝でワールドグループにいっても不思議ではありませんね。
次回、9月はプレーオフになりますが、錦織選手、西岡選手にメンバー入りしてもらい勝利に結びつけてもらいたいと思います。
日本代表をみんなで応援していきましょう。😉

2020年3月1日日曜日

4スタンス+α‼️

D-tennis本校の須藤です。
前々回、4スタンスのタイプ別についてお話しさせて頂きましたが、今回は皆さんが練習する上での傾向と対策をお伝え致します。😃

①つま先外側、かかと内側タイプ
打点を体の前で捕らえたいので、ボールの後ろ側に入り、左右の距離感
は近くなります。

一般的にはフラット、トップスピンが比較的楽に打つ事ができます。
スライスは上向きの面作りをしっかり使ってボールの下側を打つ感覚です。手のひらの構造上、ボールに厚く当てる感覚が得意です。

②つま先内側、かかと外側タイプ
打点を体の斜め前~横で捕らえたいので、肩と上半身をしっかりひねり体重移動とひねり戻しで打ちたいので体の斜め前~横に空間が欲しいです。その為、経験者はオープンスタンス、またはセミオープンスタンスで構えて打ってみて下さい。バランスは難しくなりますが、距離感と体のひねり戻しが体感できと思います。

一般的にはスライス、サイドスピンが得意な方が多いです。トップスピンまたはフラットを打つ時はラケット面をやや下向きにふせて打点に入っていく感覚で打ってみましょう。
逆にスライス、ボレー等をどんどん取り入れてみて下さい。手のひらの構造上、ボールに薄く当てる感覚が得意です。😃

③タイプは異なりますが、
つま先外側
つま先内側
のタイプでは前への動きが得意
例えば
チャンスボールを前に動いて打つ
短いボールを拾う
前に動いて打つスマッシュ等が得意

④かかと内側、かかと外側
のタイプでは後ろへさがる動きが得意
例えば
深いロブを下がって打つスマッシュ、ロブカバー
下がりながら打つストローク等が得意となります。

⑤つま先内側、かかと内側
のタイプの共通点は
内側重心なのでクロスステップが得意です。さがる動き、回りこむ動き等、クロスステップを使った動きがバランス良く動く事ができます。

⑥つま先外側、かかと外側
のタイプの共通点は
外側重心なのでサイドステップが得意です。さがる動き、回りこむ動き等でもサイドステップを使った動きがバランス良く動く事ができます。

以上、お話ししてきたように単に4スタンスといっても4タイプに分けてだけでなく色々な分類ができるので自分のタイプがテニスにおける

ラケットワーク
フットワーク
ボディーワーク等

得意分野と不得意分野があります。
もちろん、個人差もありますが一つの基準として考えてみるのも面白いと思います。

これにより、長年の悩みが解決する場合もあります。
生徒さんの中でも、目から鱗がおちたと言ってテニスがより楽しく、面白くなったという方も沢山います。
是非ともひとつひとつを試してみて下さい。

2020年2月23日日曜日

3月イベント企画‼️

D-tennis本校の須藤です‼️
あっという間に2月も最終週ですね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。😃風邪😷、インフルエンザ、新型コロナウィルス等気をつけていきましょうね。基本はうがい、手洗いですね。あとは体調を整える為には食事と睡眠をしっかりとりましょう。
さて、D-tennis本校では3月スペシャルイベントとして以下の内容を予定しております。

成人イベント2日間
3/30(月)担当
川口コーチ、須藤コーチ
31(火)担当
川口コーチ、夏目コーチ

時間
9:00~10:00
10:10~11:10
11:20~12:20
13:00~14:00
14:10~15:10
15:20~16:20

テーマ別レッスン
内容
ビデオレッスン
バックハンド集中レッスン
体幹を使ったストローク&サーブ
スマッシュ&サーブレッスン
スマッシュのコース打ち分け
決めるボレー集中レッスン
バックハンドスライス集中レッスン
フォアハンド集中レッスン
ポーチボレーレッスン
ダブルス陣形レッスン等
各レッスンが1時間単位でうけられます。

定員
ビデオレッスン6名、その他は8名。

料金
ビデオレッスン2000円、その他は1500円(税込)です。

外部の方、スクール生のご家族、ご友人もご参加頂けます。
詳細はスクールフロントにお気軽にお問い合わせ下さい。
皆様のご参加をスタッフ一同お待ちしております。

母国に寄付‼️

男子プロテニスプレイヤーのジョコビッチ選手夫妻が母国のセルビアに医療器具等の支援の為に100万ユーロ、約1億円を超える寄付を致しました。 またフェデラー選手夫妻も母国スイスの生活が困難な人に100万ユーロ、約1億円を超える寄付を致しました。フェデラーは膝の手術以来初めて、コロナ...